地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、川崎市川崎区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

川崎市川崎区の地域情報サイト「まいぷれ」

ぽかぽか通信~川崎区地域保健福祉かわら版~

川崎区地域子育て支援センターあいいく

0歳から就学前の子どもと保護者が一緒に遊べる場所

2017/03/28

 地域子育て支援センターは0歳から就学前のお子さんとその保護者が一緒に遊べる場所です。保護者同士の交流、スタッフによる子育て情報の提供や講座の開催、相談もできます。
 川崎市で最初に始まった地域子育て支援センター“ あいいく”。京急川崎駅から徒歩5 分のところにあり、大きな窓からは赤い電車が目の前に見えます。室内には、ままごとや絵本などの遊具が、屋上にはクジラのすべり台や乗り物があり、楽しく遊ぶことができます。初めての方も安心して過ごせます。買物がてらに来て、まずここで子どもを遊ばせるという方もいます。お父さんも多数来所して一緒に楽しんでいますので、遊びに来てください。

地域子育て支援センター“あいいく”って、どんなところ?

大きな窓から日射しの差し込む明るい部屋ではお母さんたちと子供たちがお話や遊びに夢中でした。テラスからは京急川崎駅に行き交う赤い電車が見え、電車大好きなお子さんたちに大人気だそうです。電車をみながらランチができるランチスペースも好評とのことです。屋上ではクジラのすべり台や三輪車で遊ぶことができます。“あいいく”に長くお勤めでお母さんたちの信頼も厚い堤祐喜子さんにお話をお聞きしました。
― どんな人たちが来ていますか

2歳前ぐらいまでのお子さんとお母さんが多いです。平均で一日15・6 組、行事になると30 組の人たちで賑わいます。毎日来てくださる方もいて、保育園のように便利に使っている人もいます。昼食を食べてから帰る人、最後までいる人と、いろいろな利用のされ方をしてもらっています。川崎駅に近いので、買物がてらに来て、まず子供を遊ばせて、後はベビーカーに乗せてゆっくり買い物という方もいらっしゃるようです。
― どんな行事が人気ですか。

楽しい遊びや行事を毎月いろいろやっています。クリスマス、節分、ひな祭りなどの季節の行事もみなさん楽しみにしてもらっています。絵本の読み聞かせでは“だるまさんシリーズ”が人気で、「ダルマさんがドテッ」と読むと、子供たちは一緒になってドテッと転んでくれて、楽しいですよ。手作り会では、大人も楽しめるものを作りながら、お母さん同士も楽しんだりして、すごい人数になります。身体測定は午前と午後に分かれているのですが、親子97人という記録があります。0歳児が対象のベビータイムは本当に人気があります。20組以上、多いときには30組以上の人たちで部屋がいっぱいになります。屋上の遊びを保育園と共催でやることがあるのですが、保育の先生が音楽をかけて体操すると、お母さんもお子さんも一緒に踊ったりするので、やっていて楽しいです。

― 利用者は行事の情報をどうやって入手されているのでしょう。

ホームページ見ましたという人がたくさんいます。お母さんたちはスマートフォンなどで見てくれているようです。ホームページでいろいろな情報提供をやってくれているので助かっています。自分たちだけでチラシを配るだけでは、なかなか来てくれないだろうと思います。

※川崎区のホームページから“あいいく”や他のセンターの行事予定をご覧いただけます。
― 初めての人は何かと不安だと思います。

初めての方にはスタッフが話しかけ、家が近い人を教えてあげています。皆さん、すぐに打ち解けて友達になり、また会いましょうと言ってくれています。独りで来ても大丈夫です。友達になると、お互いに子供を見守って、ちょっとトイレに行くから見ててとか、お互いにお願い事ができる関係もできて一層安心です。1か月に1回来ている人でも「元気~?」と気軽に来られています。色々な悩みも、お母さん同士で話をして相談してくれているので良かったなと思います。

― お母さん以外の保護者の来所は多いですか。

お父さんは平日にあまり来ないです。夏休みやゴールデンウィークだとお父さん率が高くなります。お父さんも参加できる日程で運動会などを行うのですけれども、そういう時は16組中10組でお父さんが参加するということもあります。両親が仕事なので、代わって子どもを連れてくるというおじいちゃんやおばあちゃんもいます。こういう所で遊ばせていると見せにくる方がいらっしゃいます。
― 川崎区は市内で2番目に外国人が多い区ですが、外国人の方の利用はありますか。

中国からの方が数名、アメリカからの方も来られています。みなさん日本語が通じるので助かっています。こういうところに来て馴染むのは少しハードルが高いのかも知れませんが、一緒に遊べて楽しい場所ですので、ぜひ来ていただければと思います。日本語で対応できない人は日本語が話せる人と来てくださると良いですね。

※地域子育て支援センターのパンフレットは日本語以外にも6 か国語で用意されています。

― これからの活動についてお聞かせください。

いつでも支援の手が出せるように常に部屋にいるようにしています。一組でも来てもらえたら嬉しいです。来やすい場所、ここに来てよかった、明日もまた来たいと言ってもらえるように努力しています。いつまでも変わらず、来てほっとする場所にしたいと思っています。毎日が楽しいです。
堤さん(左)とスタッフの皆さん、遊びに来ていた子供たち
堤さん(左)とスタッフの皆さん、遊びに来ていた子供たち
笑顔がステキな“あいいく”職員の堤祐喜子さんとのインタビュー中に子供たちの楽しい“来襲”を受けました。子供たちには興味津々の新しい遊びと思われたようです。堤さんは長く勤めていて経験豊かで、お母さんたちからの信頼も厚い方です。子育て支援では支える人と保護者との信頼関係が大切で、経験を積むためにも長く勤めることが大切という話に感銘を受けました。
地域子育て支援センターから“巣立って”幼稚園に入った子供たちが夏休みや冬休みに「先生~」と言ってやってくることもあるそうですよ。
地域子育て支援センター“あいいく”
運営主体:社会福祉法人 母子育成会
連絡先電話:044-222-7555
所在地:川崎区本町1-1-1 夜間保育所あいいく内
最寄り駅:京急川崎駅(徒歩5分)
開所日・時間:月曜日~金曜日 9:30~16:00 (木曜日は14:30 まで)
屋上開放 12:00~15:00(屋上は保育所と併用)
土日、祝日、年末年始は休み
利用料:無料

地域子育て支援センターとは

地域子育て支援センターは0歳から就学前のお子さんとその保護者が気軽に立ち寄って一緒に遊べる場所です。保護者同士の交流、スタッフによる子育て情報や講座の開催、相談もできます。地域の関係機関とも連携しています。公営民営を合わせて川崎市に58ヶ所、川崎区に9ヶ所あります。子育ての不安や悩みの解決のためにも、お近くの地域子育て支援センターを利用してみたらいかがでしょう。
利用料は無料ですが一部の講座では実費負担が必要な場合があります。初めて利用する際は利用者登緑が必要です。利用できる曜日・時間、行事・講座などは各センターにより異なります。詳しい内容はホームページなどでご確認ください。

地域子育て支援センター 制度内容(川崎区ホームページ)

川崎区の地域子育て支援センター一覧(川崎区ホームページ)

地域子育て支援センターに関するお問い合わせ先
電話 川崎区保育所等・地域連携担当 TEL.044-201-3331

ふれあい子育てサポート事業をご存じですか

“子育てヘルパー会員”が空いている曜日や時間に、“利用会員”の“育児援助活動”を行う川崎市の事業です。利用者は増えているのですが、ヘルパー会員の数が追いついていない状況です。興味がある方、ヘルパー会員になっても良い、利用したいという方は、ふれあい子育てサポート事業のホームページをご覧ください。“あいいく”は川崎市内4ヶ所のふれあい子育てサポートセンターのひとつとなっておりますので、お問い合わせください。

詳しくはホームページをご覧ください。またはお問い合わせください。
ふれあい子育てサポート事業(川崎区ホームページ)
ふれあい子育てサポートセンター“あいいく” 電話 044-222-7555